参加費無料 今から備える
老後を安心して暮らすための
終活相談会!

  • 厳選されたプロが教える、資産の有効活用方法!
  • 相続に関する疑問・悩みを解決
  • この相談会は、東京都の
    令和4年度 民間空き家対策東京モデル支援事業の採択事業です
  • ※日程が合わない方・オンラインご希望の方もお気軽にお問合せください。

こんな悩みや不安をお持ちではないですか?一つでも当てはまる方に、オススメです。

  • 終活として、具体的に何をしたらよいのかわからない
  • 実家が空き家になってしまっているが、どうしたら良いかわからない
  • 相続税っていくらくらいかかるの?
  • 遺産分割協議で、兄弟で争いになっている
  • 近所に空き家があり、放火が起きるのではないかと心配している

終活相談会で解決

空き家を放置しておくと、さまざまな問題の原因になります。

  1. 建物の劣化がすすむ
  2. 防災・防犯面でのリスクUP
    1. 1. 強風による屋根や外壁材の落下・飛散
    2. 2. 建物やブロック塀が老朽化により倒壊
    3. 3. 放火等による火災
    4. 4. 不審者の侵入や不法占拠
    5. 5. ごみの不法投棄
  3. 法令に基づく指導対象となる可能性

空き家にかかるコスト
(維持管理・改修・固定資産税・近隣への損害賠償等)
も看過できません。

『空き家の適切管理は所有者の責任』
だということを自覚する必要があります。

一方で、空き家は次の誰かが利用する可能性を秘めており、
売却や賃貸により『所有者に利益をもたらす可能性』があります。

ミライエの終活相談会では、すでに空き家を所有する方・将来空き家を所有する方両方に対して、
『専門家からの的確なアドバイス』を聞くことができます。

動画

「終活相談会」で学べること

  • 法律に関する知識
  • 親族間トラブル防止のためのコツ
  • 相続税に関する情報
  • 資産活用に関する情報
  • 不動産に関する情報

所用時間は約1時間!
以下の日程で開催中です。


  • 〜自宅を空き家にしないための〜
    「遺言・信託・税務についての
    終活基本講座」
    事前予約制:先着20名まで

  • 個別相談(所要時間約50分)
    事前予約制:先着7組まで

終活相談会の概要

会場
開場時間
10:00〜17:00
対象
空き家を所有する方、
今後空き家を所有することが見込まれる方、
近隣の空き家に迷惑をしている方
所用時間
約1時間
内容
法律・税金・不動産の専門家による助言

主催紹介

ミライエ 株式会社

ミライエ株式会社は西新宿の不動産業法人です。西新宿周辺の上質な住宅の仲介を行うとともに、自社として空き家を取得し、リフォームや再建築により、空き家の解消に努めています。月2回の終活相談会を通じて、空き家問題に目を向けてもらうための取り組みをしています。

代表取締役吉羽 健太-よしば けんた-

2004年
横浜市立大学商学部 卒業
2004年
国税専門官試験 合格
2005年
東京国税局 入局
国税査察官(マルサ)として悪質な脱税者の強制調査を担当
2013年
国税庁 出向
全国の査察部を統括するセクションを担当
調査のため全国を飛び回り、また海外税務当局との調整を行う
2021年
ミライエ 株式会社 設立
2022年
東京都より「令和4年度 民間空き家対策東京モデル支援事業」に採択され、
空き家問題の解消に向けて日夜駆け回る

メッセージ

 ミライエは、空き家の再活用を事業目的とした不動産業法人です。街の風景から危険・不衛生な空き家がなくなることを目指し活動しています。
 この相談会では、終活・相続ということに焦点をあて、皆さんが抱える疑問や不安を解決します。東京都の施策である「民間空き家対策東京モデル支援事業」の採択事業として無料で開催するもので、こちらからの勧誘等は一切ありませんのでご安心ください。皆様のご参加をお待ちしています。

“ミライエ”の特徴

特徴01
未来の不動産

ミライエは、お客様の未来の不動産を一生懸命に考えます。
ミライエが提案する不動産が、お客様の未来の明るい希望となるようベストな提案を目指します。

特徴02
未来の家

「家」という言葉は、建物それ自体を示すだけでなく、人が集まる場所としての温かいイメージを持っていますよね。
ミライエは、人と人の繋がりを作る「家」の提案をします。

特徴03
『未来へ!』

ミライエを起業する際に、代表者が自分自身に約束した言葉です。過去の自分にこだわることなく、未来へ向かっていく。過去の経験・同僚は人生の宝物として大切にしつつ、空き家解消のための事業に全力で取り組む決意の言葉です。

提携先

よくあるご質問

 終活という言葉を聞いて多くの人がイメージすることはお葬式のことではないでしょうか。
終活をしたという方のお話を伺うと、「遺影写真を毎年撮り直している」といったことや、「私はお葬式のときの弁当の内容まで決めた」というような声を聞きます。

 もちろん事前にお葬式の段取りをすると、残された家族はもしものときに慌てないで済みますが、もっと家族が助かるのは、ご自身の預金口座や所有不動産の一覧を作っていただくことだったり、残した財産をどのようにしてほしいかの意思表示であったりします。

 このように、終活に何をするべきかは、お持ちの資産・ご家族関係・お考えにより千差万別です。ただし、お持ちの資産が何で、それを誰にどのような形で引き継ぎたいのかを整理し伝えることが、ご本人とご家族の安心につながることは間違いありません。相談会では、プロの視点からご提案します。

 ミライエでは、遺言書作成をおすすめしています。

 よく、「うちは仲が良いから。」という言葉をお聞きし、その通り円満に相続ができることおありますが、一方で財産を巡って争いが多数起きていることも事実です。

 ぜひ、ご自分の気持ちを伝えるという意味で明るい気持ちで遺言を考えられてはいかがでしょうか?なお、遺言書を作成する際は、ご自身の遺志を確実に伝えるために、専門家に依頼することをお勧めします。

 終活相談会は新宿周辺で開催しています。

 また、空き家に関するご質問は、原則として東京都内のものについてお受けしています。ただし、その他のエリアについてもご案内できることがありますので、お気軽にお問い合わせください。

 法的なトラブルであれば弁護士・司法書士に、税金に関することは税理士に、不動産の時価については宅地建物取引士にお尋ねください。

 いずれにしましても、ご相談内容をお伺いし、適切な者からアドバイスを致します。

 終活相談会は、東京都の民間空き家対策東京モデル支援事業として開催するので完全無料です。

 こちらからの勧誘等は一切ありませんのでご安心ください。